プレースメントターゲティング(ターゲット)の有効な使い方

マーケティング

手動プレースメントターゲティングとは

プレースメントターゲティングとは、広告枠のあるWEBサイトのURLや広告枠のあるアプリを指定し広告配信を行う事を言います。

このように書くと非常に単純なターゲティングと思われるかもしれませんが、実はとても費用対効果の高いターゲティング施策なのです。

WEB広告は従来のマス広告とは異なり、届けたい人に広告を届けるためのターゲティング設定が可能です。

例えばGoogle広告では、以下のようなターゲティングでバナーや動画広告を出稿することが可能なのです。

年齢:35~44歳、性別:女性、エリア:大阪府
「ダイエット」に関連するサイトのGoogleの広告枠

WEB広告のターゲティングは、主に「アウトドア」に興味のあるネットユーザーや「マウンテンバイク」というワードを1ヵ月以内に検索したユーザーなどのように『人』をターゲットとした配信と、特定のトピック(例えば「不動産」)に関連するウェブサイトや、「自動車」というキーワードに関連するサイトの『広告枠』をターゲットとした配信の2種類に分けられます。

このようにトピックやキーワードで『広告枠』をターゲットとする配信を、自動プレースメントと呼びます。

また、先ほどご紹介した『広告枠』のあるサイトの「URL」や「アプリ」を指定した配信を手動プレースメントと呼びます。

プレースメントはどのようにして選ぶのか

手動プレースメントターゲティングを設定する場合、当たり前ですが自社の商材やサービスと関連するサイト、あるいは相性の良さそうなサイトを選ぶと効果が高いと考えられます。

以前はGoogle 広告の無料ツール「ディスプレイキャンペーンプランナー」で配信先の候補を抽出し設定したりもしていました。
ただ、現在はリニューアルに伴い「ディスプレイキャンペーンプランナー」は廃止となっています。

そこで、ターゲット層が集りそうなメディアや、業界で人気のメディアを選びがちですが、そのような『広告枠』の選び方は、実は大きな落とし穴となる場合があります。

有名なメディアは、確かに配信ボリュームは見込めますし、ターゲットに広告を表示させる機会が多くありそうですが、CV(コンバージョン)に結び付くかは未知数です。

しかも他の広告主も配信したがっているとクリック単価は高騰しがちです。

手動プレースメントターゲティングは、直接URLを指定できるのですから多く表示されるサイトを選ぶのではなく、CVの獲得を目指したサイトを選びましょう。

つまり、仮説によるプレースメントターゲットを選ぶのではなく、トピックターゲティングやキーワードターゲティングなどの自動プレースメントでCVが獲得できているサイトを選べばよいのです。

ある程度自動プレースメントで運用していくとCVを継続的に獲得できるお宝プレースメントが見つかる場合もあります。

CVR(コンバージョンレート)が高いプレースメントがあるのなら入札単価を上げて競合を排除し広告枠をジャックしてしまいましょう。CVRが高ければ、多少クリック単価が高くても顧客獲得単価【CPA(Cost Per Action)】は保てるはずです。

逆に、せっかくCVしやすいサイトを集めて手動プレースメントを設定したのに、自動プレースメントと同じ入札価格にしていると表示回数が激減し大きな機会損失になる場合もあるので注意しましょう。

 

目指せ!手動プレースメントターゲティングの更なる効果!

CVの獲得できるサイトをまとめてプレースメントターゲットに設定し、入札単価を高めて表示回数を確保すれば確実に成果は出ます。

しかし、更に費用対効果を高める簡単な方法があります。

それは、プレースメントターゲティングも他のターゲティングと掛け合わせることが出来るので、効率の良い「広告枠」(プレースメント)に見込み顧客が接触した場合のみ表示させるという手法です。

つまり、例えば商材やサービスのターゲットとなるユーザーがアラサーの女性ならば、プレースメントターゲティングに、ユーザー属性ターゲティングの 年齢:「25~34 歳」、性別:女性」を組み合わせることで、より効果の高い広告出稿が可能となります。

また、広告を表示させる時間帯や曜日を設定したり、キーワードと組み合わせたりリマーケティングと組み合わせたりも可能です。

絶えず効果検証を行いながら運用を行えば、プレースメントターゲティングには他のターゲティングの何倍もの成果を上げる可能性があるのです。

CVの獲得しやすい有効な配信先を見つけることだけで満足せず、より費用対効果を高めるためのターゲティング設定を模索しましょう。

 

ペンネーム:ニノ パコリ


関連記事

マーケティング

初めての方必見!テレアポ成功への道

マーケティング

インバウンド・マーケティング展開方法とコンテンツ…

マーケティング

「Googleマイビジネス」の登録から始めよう、…

マーケティング

これであなたも!インフルエンサーマーケティングが…

TOP