「Googleマイビジネス」の登録から始めよう、MEO施策の基礎

マーケティング


そもそもMEOって何?ローカルパックとは?

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略で、GoogleやGoogle Map検索で店舗やサイトをローカルパックに表示させ集客に結び付ける施策です。

ローカルパックとは、「地域名+キーワード」や直接地域の影響を受けるキーワード(例「近所の」「周辺」)でGoogle検索を行うと、地図情報とともに検索画面の最上部に表示される検索結果です。

ローカルバック?なんじゃそりゃって方も、見たことはあると思いますよ。

例えば私の事務所は大阪の心斎橋にあるのですが、「心斎橋 担々麺」で検索すると下記のような3つの担々麺屋さんが表示されます。(2020年4月現在)

このローカルパックは、検索結果の1位の更に上に表示されますので集客施策としては絶大な効果があり、非常に重要度の高い施策となります。

但し、「心斎橋 担々麺」の検索結果のようにデフォルトでは3つしか表示されません。

つまり上位3位までに入らないとデフォルトでは表示されないので、ローカルパックへのランキング要因(アルゴリズム)を理解する必要があるのですが、今回はローカルパックに載るための大前提である「Googleマイビジネス」の登録方法を説明していきたいと思います。

Googleマイビジネスの登録と認証

『Google マイビジネス』とは

Googleサポートを読むと以下のように記されてます。

“Google マイビジネスは、さまざまな Google サービス(Google 検索や Google マップなど)上にローカル ビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツールです。”

無料ですよ、無料! Google マイビジネスは無料のツールなんです。

こりゃ使わない手はない、嘘ではない。

まずは、Googleマイビジネスを登録するにあたり、Googleアカウントを取得する必要があります。もうすでにGoogleアカウントはありますって方は割愛してください。

Google アカウントの作成

上記サイトにアクセスして名前やパスワード、生年月日などの情報を入力してください。注意点としては、未成年の生年月日を入力すると、いくつかのGoogleサービスが利用できなくなりますので確実に成年以上となる生年月日を入力しましょう。

また、メールアドレス(アカウント)とパスワードは必ずバックアップを取ってください。

Googleアカウントを取得したら次はGoogleマイビジネスのアカウントの作成です。

Google マイビジネス

上記サイトにアクセスして,「今すぐ開始」をクリックしてください。

「メールアドレスまたは電話番号」の入力を求められますので、Googleアカウントのメールアドレスを入力してください。

「次へ」をクリックし、パスワードを入力してください。

その後は、ビジネス情報の登録画面となります。

「ビジネス名」「国」「住所」「電話番号」「カテゴリ」「WebサイトURL」を入力し「続行」ボタンをクリックしてください。

ビジネス名や住所の確認画面になりますので、入力した情報が間違っていなければ、「利用規約に同意」をチェックし「続行」をクリックしてください。

次に、ビジネス情報のオーナー確認となります。この認証が完了しないとGoogleの検索結果やGoogle Mapに表示されませんので、確実に完了してください。

ビジネスのオーナーとして認証するには【確認コードの取得】が必要となります。

取得方法は電話番号の自動通話、もしくはハガキによる郵送の2種類があります。郵送では時間がかかりすぎる恐れがある為、電話での取得を選びましょう。

電話番号(固定電話でも携帯番号でも可)への「通話」をクリックすると、自動音声で5ケタの確認コードが案内されます。その確認コードをGoogle マイビジネス登録画面のコード欄に入力することで、登録したビジネスのオーナーに認証されます。

Google マイビジネスのアカウント開設とオーナー認証が完了したら、営業時間や定休日・サービス内容や画像など詳細情報をできるだけ入力しましょう。

以前のC-roomの記事で「Web集客の基本「Googleの使命」を意識しよう」にもあるように、Googleは『Google 独自の検索エンジンによって世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすること』を使命としています。

オーナー認証の時点で、「Google独自の検索エンジンによってアクセス可能な情報」となっています。より多くの情報を記載することで「有益なもの」となるのです。

ネットの検索ユーザーが欲している有益な情報となるようにGoogle マイビジネスの情報は、できる限り記入しましょう。

特に「ビジネス情報」は最大750文字まで入力できます。特徴や強みなど、できるだけ詳しくユーザーに訴求しましょう。

ライバル企業や競合店舗よりも上位に掲載されるようになるには、まずは詳細情報を漏れなく記載することです。

Google マイビジネスの登録はMEOの基礎です。

ここまでで、ようやくMEOのスタート地点に立った状態です。

先ほども伝えたようにローカルパックでは、デフォルトで3つしか表示されません。詳細情報を入力するだけでは上位3位には入れない場合もあります。

次回は、競合より上位表示させるためのノウハウ・3位内に入るためのノウハウと、定期的な順位の変動状況の確認方法をお伝えします。

 

ライター:ニノ パコリ


関連記事

マーケティング

初めての方必見!テレアポ成功への道

マーケティング

インバウンド・マーケティング展開方法とコンテンツ…

マーケティング

これであなたも!インフルエンサーマーケティングが…

マーケティング

検索連動型広告における検索ワード

TOP