【実証】動画広告をブロックしつづけたらどうなるのか検証してみた

プロモーション

動画広告、ブロックし続けたらどうなる?

普段You tubeをBGM代わりに流しながら生活している私ですが、ここ最近早送りの音声とアニメ調の映像の少々やかましい動画広告が耳ざわりに感じるようになってきました。
それもうさんくさいダイエットや美容系の商品の内容ばかりでうんざり。でも広告に携わる身として広告をブロックするなんて……そういえば、動画広告ってブロックしつづけたらどうなるの? よし、検証してみよう! そう、これはあくまで検証。ご紹介したいと思います。

 

動画広告のブロックとは? どうやるの?

まずブロックの仕方です。広告が再生されている間に、左端にインフォメーションのマークが表示されていると思います。「i」をマルで囲んだマークですね。これをタップします。

「この広告の表示を停止」を選択します。

 

「この広告の表示を停止してもよろしいですか?」という確認が出ますので、「はい」を選択。

「ブロックしました。この広告の問題点について…」と、アンケートが表示されますので、答えてもいいし、そのまま「閉じる」を選択しても構いません。これでブロック完了です。

 

1週間 ひたすらブロックしてみた

それから、You tubeを見ていて目についた動画広告は片っ端からブロック(表示を停止)してみました。たしかにブロックしていくとだんだんと異なる動画が表示されるようになってきました。ブロックはきちんと処理されているようです。そこから、3つのことがわかりました。

 

1:ブロックしても動画広告は消えない

あくまで「同じ動画広告が再生されることはない」だけで、1つブロックすると新たな動画広告が再生されるだけ。1週間経過しても、動画広告が再生されなくなることはありませんでした。もちろん全ての動画広告をブロックすれば再生されなくなるのだと思いますが……。You tubeは動画広告で収益をあげているので、当然ですね。これが嫌なら「You Tube Premium」に加入するしかありません。

 

2:どんどんクオリティが下がっていく

動画広告をブロックして、同じ動画が出ないかというと、そういうわけでもなく、何度か同じか、よく似た広告が流れることはありました。同じ動画をいくつも出稿しているのかもしれません。しかし根気よくブロックしていくと、見たことのない広告ばかりになり、繰り返し見せられるというストレスはなくなりました。しかし、別のストレスが私を襲いました。

動画広告のクオリティがどんどん下がっていく……!

今回の検証はあくまで「関心や関連性の低い広告を見せられ続けるのは嫌だ」という目的ですので、広告主に敬意を評して全ての動画広告を視聴してからブロックしていました。
ところがこれがかなりの苦行。ナレーターは棒読み、素人が書いたような下手なイラスト、ストーリーもぐちゃぐちゃ。日本語の文法すら怪しいものもあって、見るのが本当に辛かったです……。
最初の方にブロックした(=たくさんの広告の中で優先的に表示されている)広告は、一定のクオリティを保っていたということがわかります。
広告はクオリティが高いものが優先的に表示される、というシステムになっているようです。

 

3:しだいにターゲティングがずれてきた

ブロックした広告が50を超えたあたりから、男性向きの動画が出てきたり、まったくニーズのない商品が出てきたりと、だんだん関係のない広告が表示されるようになってきました。中には今まで見たことのないような内容のものもあったりと、世の中にはいろいろな広告があるんだなと感心しました。
正直内容に全く興味がないので、面白くもなんともありません。普段はやはりきちんとターゲティングされて広告が出されているのだと思います。

結果:広告はブロックしても得にならない

検証の結果、ブロックすればするほど不快度が増すということで、ブロックしても何の得にもなりませんでした。そのまま見ている方が多少興味がある内容だったり、クオリティが高く見ていて面白かったりと、メリットがあるように思いました。
嫌われる広告については、この記事も参考になりますので併せてどうぞ!

今回はあくまで「広告をブロックしたらどうなるの?」という検証であって、本当に広告が嫌ならYou Tube Premiumなどの有料サービスを活用しましょう。

ライター:おマケ


関連記事

プロモーション

オンライン展示会、実際どうなの?

プロモーション

文章の書き方 基本の「キ」 ~文末編~

プロモーション

アイデアに革命を起こす「大喜利脳」とは?

intern
プロモーション

インターン生は見た! 撮影現場のウラ側とは?

TOP