• トップ >
  • 動画 >
  • 動画は「触れる」時代へ!注目の「イン…

動画は「触れる」時代へ!注目の「インタラクティブ動画」とは

動画

 

大量の動画が配信される現代において、届けたいターゲットに動画を流し見してもらうだけでも一苦労。

ユーザーに刺さる、記憶に残る「質」の高い動画広告を作るため、各企業でも様々な取り組みをされているかと思います。

関連記事:これからの動画マーケティングの話をしよう

 

本日はその動画マーケティングの分野で新たに注目されている「インタラクティブ動画」についてご紹介します。

 

 

インタラクティブ動画とは

インタラクティブ(interactive)とは、もともと「相互作用」「双方向」「対話型」という意味を持ちます。

インタラクティブ動画とは、視聴者が一方的に動画を観るだけではなく、視聴中にクリックなどのアクションを促す「視聴者参加型」の動画のことです。

 

テレビ番組で視聴者がリモコンを使用して投票したり、ゲームに参加できる取り組みや、Youtubeで動画の最後に流れる「次のおすすめ」「チャンネル登録ボタン」「商品ページへのリンク」などもインタラクティブ動画に含まれます。

 

 

インタラクティブ動画の主な特徴

 

1. 触れる・選べる

興味のある動画を選択できる。

動画内で視聴者が質問やアンケートに答えたり、興味のある内容を選択するなど、クリックして参加を促すアクションがあります。

 

2. ストーリー分岐がある

視聴者にアクションを促す分岐点でそれぞれのストーリーが展開していきます。

 

3. 外部サイトへ誘導できる

動画内にリンクを仕込み、購入サイトやお問い合わせフォームなどへ誘導することができます。

 

 

インタラクティブ動画活用のメリット

 

1. 記憶に残る、離脱を防ぐ

仕組みの目新しさ、面白さで視聴者の興味を惹き、飽きて途中で離脱させにくい効果があります。また記憶に残りやすく、SNSなどでさらに拡散されることで宣伝効果も期待できます。

 

2. 独自のブランディング、他社との差別化

オリジナルの複数のストーリーや仕掛け、世界観が展開できるので独自のブランディングで他社とより差別化をすることができます。

 

3. エンゲージメントの向上

Webマーケティングにおけるエンゲージメントとは「ユーザーとの親密性」「ユーザーが抱く思い入れや好感度」を示す指標です。

ユーザーに興味を持ってもらえれば当然ながら視聴時間も伸びるので、エンゲージメントを向上させる効果があります。

 

4. 視聴行動のデータ化

インタラクティブ動画は動画内の分岐点からクリック数などを解析し、視聴者がどのストーリーを選択したか、どこで離脱したか数値化することができ、動画の改善点を分析することができます。

 

 

インタラクティブ動画制作のデメリット・注意点

 

1. 専門的な知識が必要

動画にアクションを起こす仕掛けを作ったり、ターゲット、目的などを明確に設定する必要があるため、専門的な知識や技術が必要です。

 

2. 制作コストがかかる

多くのコンテンツが必要になるので、その分のコストはかかります。動画の制作費と収益のバランスを検討しましょう。

 

3. 複雑な構造にしない

多くのアクションを入れて構造や操作方法がわかりづらくなると視聴者が面倒になり離脱してしまいます。また、曖昧な情報や露骨なプロモーションは逆にイメージダウンになりますので注意しましょう。

 

4. 動画の再生時間・配信時間を考慮する

再生時間が長くなるため、視聴者が動画をゆっくり視聴したり操作できる余裕がなければ途中で離脱してしまいます。視聴者の時間が確保できる休日や夜に配信するなどの工夫が必要です。

 

 

インタラクティブ動画の活用

どのような商材でもインタラクティブ動画にすれば効果があるという訳ではありませんので、特徴や強みを活かし相性が良い分野で活用しましょう。

 

【国内の制作事例】

国内で実際にどのようなインタラクティブ動画が制作されているのか、各企業の事例として、日本国内初のプラットフォーム「MIL」を提供しているMIL株式会社のサイトをご紹介します。

外部リンク:CASE| インタラクティブ動画制作プラットフォーム「MIL(ミル)」

 

 

【企業が活用しやすい分野の一例】

●ECサイトとの連携動画

●商品紹介、事例紹介、チュートリアル動画

視聴者が興味のある商品やサービスの詳細を確認でき、そのまま販売サイトへの遷移を促すことができます。アパレルなどの動画ではモデルが着用している商品をクリックすることができ、イメージもしやすく視聴者がより楽しめる仕掛けになっています。

 

●リクルート動画

求職者が興味がある施設、部署、仕事内容などを選んで視聴でき、そのまま会社説明会やエントリーの申し込みまで誘導することができます。

 

●施設紹介・イベント体験動画

主に宿泊施設、旅行・観光業界、エンタメ業界、ウェディング・婚活業界などの

イベントのシミュレーション体験ができます。

専任の案内係が説明してくれたり、視聴者が満足できるような工夫もされています。

 

●飲食業界、料理関連動画

店舗やレシピの紹介、特典クーポンのダウンロードなども可能です。

 

 

 

以上、簡単になりますが、インタラクティブ動画についてご紹介しました。

これから5Gなどの普及が本格的に進み、インタラクティブ動画は今後ますます飛躍していくと予想されます。

新しい動画マーケティングの手法の一つとして、この「インタラクティブ動画」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

参考:インタラクティブ動画(触れる動画)専門メディアMILBlog「インタラクティブ動画(触れる動画)とは」

ライター:ピーナッツ


関連記事

動画

動画を格安で制作する方法!自社で動画撮影するとき…

動画

これからの動画マーケティングの話をしよう

動画

意外と知らない 動画の使い途5つ!

動画

動画のクオリティが圧倒的に変わる5つのプロの技

TOP